【ベビモ】はじめてママ・パパの悩みを解決

検索

menu

カテゴリー一覧

FOLLOW US!

  • LINE
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Tiktok
menu

MENU

会員登録
menu

新刊のご案内

『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』スタジオジブリ 監修/祐成二葉 料理

4月28日
定価1,540円(税込)

Contents

一度食べてみたかった~!あの「ジブリめし」を作って食べられる待望の料理レシピ本
スタジオジブリ作品には、劇中でキャラクターがおいしそうに頬張る魅惑の食べ物がいくつも登場します。本書は、そんなスタジオジブリの作品から生まれた、はじめての「子どもりょうり絵本」です。

2020年10月より劇場公開され、スタジオジブリ初のフル3DCG作品として注目を集めた映画『アーヤと魔女』(企画:宮崎 駿、監督:宮崎吾朗)。この作品をテーマに、物語に出てきた食べ物や作品の世界からヒントをもらって考案したオリジナル料理を、子どもでもわかりやすい簡単なレシピで紹介します。

「聖モーウォード子どもの家」のシェーズパイも登場!親子で一緒に作れる13のレシピを掲載
主人公・アーヤの大好物「聖モーウォード子どもの家のシェーズパイ」をはじめ、劇中にも登場する「ボーイスカウトが作ったまともなあげやきパン」、さらに作品世界から着想を得て考案された「ぐねぐねミミズのプレッツェル」「いたずらシーツのマシュマロおばけ」「アーヤとトーマスの魔法ジェルドリンク」など、ユニークな13レシピを掲載。
レシピはすべて、わかりやすいプロセス写真と読みがなつきのテキストで紹介。それぞれの料理には目安となる難易度が示されているので、小さな子どもでも作りやすい料理から無理なくチャレンジできます。

また、すべてスーパーマーケットで手に入る身近な材料で作ることができるのもポイント。「どんな味がするのかな?」とワクワクするような料理を実際に自分でつくって食べることで、より一層『アーヤと魔女』の世界を味わうことができます。

カバーイラストは宮崎吾朗監督描き下ろし!
キッチンで元気いっぱいに笑うアーヤと魔女のベラ・ヤーガ、黒猫のトーマスが描かれた表紙のイラストは、本書のために宮崎吾朗監督が特別に描き下ろしたもの。本書のなかにも3DCGのアニメ画像がたっぷりと掲載されています。

ジブリの食卓『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』

スタジオジブリ 監修/祐成二葉 料理

ランキング