【ベビモ】はじめてママ・パパの悩みを解決

検索

menu

カテゴリー一覧

FOLLOW US!

  • LINE
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Tiktok
menu

MENU

会員登録
menu

2022.07.13

ママパパの生活

17歳で結婚妊娠!20歳で2児のママに♡〈大家族の母・美奈子さん〉の長女ノエルさん「母とはママ友みたいな関係です」

大家族ドキュメンタリー番組で一躍注目を集めた美奈子さん。その番組に小学生の頃から登場していた美奈子さんの長女ノエルさんは現在20歳で、2児のママになっていました!10代での妊娠・出産について、子育てについて、大家族について、ノエルさんにじっくり話を聞きました。

美奈子さんインタビュー⇒⇒⇒大家族の母、美奈子さん「子育てはどうしても〈答え〉がほしくなってしまうけど、答えはないからこそ自由でいい」

両親の猛反対を押し切って高校中退!そして結婚&妊娠へ

母が『美奈子ファミリーTV』というYouTubeチャンネルをやっていて、その番組にたまに、私だけだったり子ども達と一緒だったりで出ることがあります。でも普段はメディアに出ることはなくて、2人の子どもを育てる一般人ママとして生活しています。
ドキュメンタリー番組が放送されていたのは私が小学生の頃です。母の再婚をきっかけに愛知県から小豆島に引っ越してテレビに密着される生活が始まりました。

でも2年くらいで離婚したので、それにともない宮崎県の日南市に再び引っ越し。そこでの生活は短くて、数ヶ月で千葉県に引っ越してまた都内に行き、その後、母が再婚して今の家に住むようになりました。そのとき私は中学2年生。

今の父は初婚で子どももいなかったので、母と結婚して、私や兄、妹4人の、いきなり6人の子どもの親になって最初は大変だったと思います。高校生になるといわゆる思春期というやつで、私と兄は父との関係が複雑になっていきました。その様子は再婚した母と家族に密着していた『ザ・ノンフィクション』で放送されましたね(苦笑)。

でも、反抗心から部屋にこもりがちになることはあっても、母や父と全く口をきかないということは私はなかったですね。

その当時、家には、兄(今は別の場所で暮らす)、これまでずっと一緒だった妹たち、母が再婚してから生まれたユヅとコユキを入れると妹が6人!毎日本当に騒がしい環境だったので、静かにひとりでぼーっと何かを考える時間というのがなくて、逆にそれがよかったのかな、と思うこともあります。
(左上から時計回りに)父・義人さん、三女ライムちゃん、ノエルさん&娘リアちゃん、次女キララちゃん、六女ユヅちゃん、七女コユキちゃん、母・美奈子さん、五女レントちゃん、四女ヒスイちゃん。

結婚したのは17歳のときです。高校生でしたが特に高校に行く目的もなく、通っていても意味がないなと思っていたので中退しました。もちろん両親は猛反対!でも、高校中退後から働き始めて、妊娠が発覚して、結婚することを決めてからは、父も母も応援してくれるようになりました。

そして、18歳で第1子を、20歳になる前に第2子を出産しました。家族構成は、夫、2歳4ヶ月の長女リア、生後10ヶ月の長男リタ、そして私の4人です。今は実家からそんなに遠くない場所に住んでいます。

5歳のユヅと4歳のコユキからすると、リアとリタは姪っ子と甥っ子になります。複雑なので友だちに説明するときも一瞬考えちゃうんですけど、5歳と4歳にしてすでにユヅ&コユキは「おばさん」なんですよね(笑)。

小学生の頃から“小さなママ”。自分の子どものお世話も楽勝!…かと思いきや

小学生の頃から妹たちのお世話をしてきたので子育てもまあ余裕をもってできるかなと思っていたけど、妹たちと自分の子どもではぜんぜん違って。
1人目を出産する前は、なんだかんだミルクも作れるし抱っこもできる、おむつ替えもできるし…なんて思っていたけど、妹たちを24時間ずっとお世話していたわけじゃないので、やらなければいけないことがこんなにあるの!?って戸惑いました。

それまでは母に「お願いね」と言われたからやっていたけど、今はそうじゃない。自分がどういう状況でも、疲れたから少し休みたくてもやらなきゃいけないんだっていうことを、子どもを生んで母親になってみて実感しました。

ママになって3年。その間に、娘の病気、コロナ禍育児、切迫早産…

リアを出産したのが2020年2月上旬。ちょうど、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の新型コロナウイルス感染症のニュースが流れ始めた頃でした。

リアはあと2、3日で正期産というタイミングで生まれたのでギリギリ早産。緊急事態宣言前だったので産院の面会制限などもなく退院できたのですが、これがもし予定日通りに生まれていたら、産院側も私たち家族もコロナ禍のバタバタに巻き込まれて大変だったのかなって思います。

退院してしばらくしたら外出自粛になったので、誰とも会えないし、子どもを連れてどこかに行くこともできない日々が続きました。

実はリアは心臓に穴が開いた状態で生まれて、自然に穴がふさがる子もいれば手術になることもあるって聞かされていて。生後半年で穴はふさがったんですけど、新型コロナウイルスに感染して心臓の病気が悪化するのが心配だったので、お出かけはせずに家にこもっていました。

出かけられないストレス…。私自身がインドア派というか、繁華街に出かけて遊ぶというより、友だちと公園でおしゃべりをする過ごし方が好きだったので、そのあたりはわりと平気でした(笑)。たまに学生時代の友だちが家に遊びに来てくれるので、彼女たちとおしゃべりしながら、いろんな愚痴や悩みを聞いてもらっていました。
リタの出産のときは切迫早産で入院になって、2ヶ月間入院して退院した3日後に出産。コロナ禍だったので、入院中の面会もパパとリアはOKだけど母や父、妹たちはだめ。面会も週1回15分だけという厳しい決まりもありました。

私が入院している間は、リアは平日は実家で預かってもらい、金曜日の夜にパパが迎えに行って週末は自宅でパパとリアで過ごし、そして日曜日の夕方にリアを実家へ預ける…という協力体制でなんとか乗り切ることができました。

リアもリタも生まれてからずっとコロナ禍での生活なので、遠出のお出かけや旅行の経験がありません。今年の夏はどこかに出かけたいです。地元のお祭りにも連れて行ってあげたいですね。
次ページ > 体重が増えない、夜泣き…心配や不安を抱えながら

Baby-mo〈ベビモ〉編集部

「Baby-mo(ベビモ)」は主婦の友社が運営する、妊娠・出産・育児の公式情報サイトです。妊娠期の不安、出産準備、赤ちゃんの成長、離乳食レシピ、産後の悩みまで。はじめてママ・パパに寄り添う情報を提供します。

SHARE

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

ランキング